FC2ブログ
2008年ワーホリでカルガリーに滞在♪帰国後はリゾートバイトで日本版ワーホリ体験中♪見たもの感じたことを綴ります★
ワーホリVISAの申請が通りました
2007年11月28日 (水) | 編集 |
今日、カナダ大使館から2008年ワーホリ許可書類が届きました。

カナダ入国時に担当者に渡す書類だけなので、予想以上に
普通の手紙みたいな許可書です。

いよいよだなという気になってきました^^

入学手続き、エアチケット手配など、申し込むだけの状態にして
許可書到着を待っていたので、これから順番に手配していきます。

ちょっと早めて1月出発の可能性も有り。
遅くても2月出発予定です。

+ +

愛猫jinを1年置いていかなくてはならないことに、
ナーバスになっております。
jinが心配なのは勿論、わが子を手放す親のような感覚と言いますか、
私自身、寂しくて仕方ない状態です。
ワーホリを決めてからずっと。。
妹か友人にお願いすることになると思いますが、いずれにせよ、
逐一連絡してjinの様子を聞くつもりです。。
でも、本当は一緒に行きたいです(;_:)

先日、猫を連れて行く場合どういう手続きが必要なのか
調べてみました。(往生際が悪いですが…)

でも、就労や永住ならともかく、飛行機で多大なストレスを与えた上に、
居住地が一定ではないワーホリにjinを連れて行くのは難しい。

調べた結果

まず、引越し先の国の猫への検疫情報を調べます。
出来るだけ早く情報を得て、必要な健康チェック、
書類を前もって揃えましょう。
特に狂犬病予防注射は出発の時点で接種後30日以上経っていないと
輸入検疫時に無効と判断される国が多いため、輸出検疫申請書とともに
狂犬病予防注射証明書を持参する必要があります。
必要な書類、条件を満たしていない場合、目的国に着いた際に
税関から猫をすぐに受け渡してもらえない可能性もあります。
各国によってルールも違いますので、調べてくださいね。

飛行機に乗る場合、猫は“必ず手荷物として機内持ち込み”にしましょう。
通常、制限以内の大きさなら1人につき1匹づつ、飛行機一機に2匹まで
ペットの持ち込みが可能です。
つまりあなた一人が持ち込める猫の数は1匹まで。
2匹の場合には、あなた以外の人が必要になります。
(航空会社、目的にによっては持ち込みが出来ないこともあるので、
問い合わせてください)
他の乗客でペットを連れている人がいると予約順で優先になりますので、
引越しが決まったら、なるべく早く予約を入れましょう。

持ち込みサイズは基本的に足元におけるサイズ。
普通の猫のキャリーならば問題が無いはずです。
ただし、アメリカの場合、近年はセキュリティー強化のために
多くのエアーラインがペット持ち込みの制限を厳しくしました。
各会社のペットのポリシーも頻繁に変わります。
半年前の情報ではなく、その都度必ず連絡を入れて確かめてください。

持込が了解されたら、規定サイズ内のキャリー(ソフト、ハードどちらでも良い)
を用意しますが、同時にハーネスを用意することもお勧めします。
猫をキャリーに入れる際、あらかじめハーネスもつけておきます。
と言うのは、手荷物チェックでキャリーは他のバッグ同様
レントゲンに通しますが、生き物に強いレントゲン波は危険ですので、
飼い主さんが抱っこして、猫も私達人間同様、金属探知機を通ります。
物音や馴れない環境に驚いた猫がキャリーから出したとたんに
逃げ出しては大変。
それを防ぐためにもハーネスをつけておくと安心です。
カラーは暴れたときに首が絞まったり抜けるので良くありません。
勿論、猫自身の匂いのついたタオルなどをキャリーに入れてあげます。

何らかの理由で持ち込めず仕方なく荷物として預ける場合には、
必ず丈夫なケージにすること。ドアが開かないかチェック。
多くの獣医さんは飛行機で移動の猫に精神安定剤(弱い睡眠薬)
の服用は勧めません。
薬でもうろうとしている間は体温調節が上手に出来ないので危険を伴うのと、
薬を服用しても4,5時間で効果が切れ、その際に嘔吐したり、
暴れる危険があるからです。

飛行機での移動中、食べ物は必要ありません。ほとんどの場合、
緊張しているので食べませんし、食べなくても大丈夫です。
トイレですが、私が猫を長時間移動させる場合(飛行機でのたびはした事がなく、
車で7時間半が最高記録)、いつも家を出る前に済まさせています。

時間節約、ペットの紛失防止のため、可能な限りノンストップの
フライトを選ぶのも大切。
国外から日本へペットを持ち込む場合、犬と同様に検疫所での保留期間があります。
これは狂犬病を持っていないか確かめるためです。
この検疫期間は2004年秋から改正になり、大幅に短くなりました。
詳しくは、農林水産省のホームページで調べる事がで来ます。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
確かに・・・
私が旅行あんまりしないのにも
ネコちゃんとの生活が起因しているところが大きいんだよね
だから、どっちがどうっていう問題ではなく。

そうそう、家財道具の相談をしようとおもってたんよね
どうやら先方もはやめに家具もらえたら、うれしいみたい
何がどれだけもらえるのか
メールでいいので、またおしえてくださいな
2007/11/29(木) 08:21:12 | URL | CAZCO #A1vz8dvw[ 編集]
家財道具の件、了解です^^
出発日を確定させて、メールします。
2007/11/29(木) 08:26:17 | URL | nori #-[ 編集]
いよいよですか
長い間離れるのは寂しいですね。

私なんか、一泊二日の職場旅行でも2匹が気になってしょうがなかったです。
しかも、友人に様子をみてくれるよう頼んでるし(苦笑)
2007/11/30(金) 23:44:33 | URL | ふく #-[ 編集]
はい、本当に寂しいです(T_T)/~~~
今まで離れた最長は3日間。
勿論、妹に様子を見てもらっていての3日間。
それがいきなり1年ですからね^^;
2007/12/01(土) 12:57:25 | URL | nori #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック