FC2ブログ
2008年ワーホリでカルガリーに滞在♪帰国後はリゾートバイトで日本版ワーホリ体験中♪見たもの感じたことを綴ります★
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンクン in メキシコ ダイビング編
2009年01月31日 (土) | 編集 |
カンクン3日目はあいにく曇り空。この日はコスメル島での初体験ダイビングに挑戦。
早朝起床で、ちゃっかり朝ごはんをたらふく食べて、出発。

約1時間でプラヤデルカルメンに到着。
n1186660451_30292400_7285.jpg
n1186660451_30292401_7469[1]
ここからは約30分の船移動。
n1186660451_30292402_7655[1]

あっという間にコスメル島到着。
まず目に入ったのが、世界で一番小さいハードロックカフェ。
n1186660451_30292403_7846[1]
あとで中に入ってみたけど、衝撃的に小さいわけでもなく、あまり感動なし(笑)
n1186660451_30292407_8620[1]

さて、再び陸路で目指すはチャンカナブ国立公園。
ここでは、海の中でマリア像やキリスト像などが見られるのです。
n1186660451_30292406_8426[1]
遺跡もチラホラ見られます。
n1186660451_30292404_8034[1]
メキシコ内にはこんなに遺跡があるらしい。
n1186660451_30292405_8231[1]

ビーチに着いて、早速着替えてダイビングの説明を受ける。
今回の体験ダイビング、友達と二人で参加して、インストラクターも二人ついてくれました。
一人は日本人、一人はメキシコ人だったけど、海に入ったらどうせ話せないので、何人だろうとヨタヨタした時に手をひいてくれるだけで安心♪
(もちろん説明をスペイン語でされても意味不明なので、説明は日本語で受けられるよう手配しました)

入水直後まで余裕だったのですが、水深5メートルを過ぎたあたりから強烈な恐怖感に襲われ、大丈夫?とサインされたのに対し、必死に顔を横に振っていた小心者の私。
15分後くらいから徐々に慣れはじめ、ようやく周囲を見られるようになりました…。
なので、海の中の記憶は順序バラバラ。何から見たのかサッパリ覚えてません(笑)

透明度の高い海の中には、マリア様が居て、
08[1]
たつのおとしごも5,6回見て、
n1186660451_30292339_7674[1]
キレイな色の魚はそこらじゅうに居て、自分より大きい魚もウジャウジャ居て、洞窟内は暗くて恐怖感満載。
09[1]
そしてそして、念願のキリスト様にご対面。無宗教のくせに、なぜかキリスト像を見たくてしかたがなかった!
5メートルの巨大キリスト像とちゃっかり写真撮影♪
n1186660451_30292381_3978[1]

かなり余裕でダイビングを楽しんでる風な写真に仕上がりました(笑)
ちなみに写真右側が私。

本当はダイビング後スノーケリングで水中の写真をいっぱい撮りたかったけど、45分のダイビング後は身体が冷え切って、しかも若干波が荒かったために軽い船酔い状態だったので、あっさり諦め。
コスメル島での観光を少しして、帰路につきました。

メキシコ滞在、中数日はホテルでのんびり・・・だったのですが、ホテル側からの提案で提携ホテルに2泊だけ移動しました。
部屋はあきらかに小さく、ホテル自体は元のホテルと比べると、かなり残念だったのですが、一応ビーチは目の前、サービスで無料マッサージを受けてご満悦。
出来たら行きたいなーと思っていた、ココボンゴというクラブへのホテル送迎付き小ツアーがあったので行ってまいりました。
これは元のホテルでは催行されてなかったので、ラッキーだった♪なにせ、一人で参加しましたので・・・。スペイン語話せないし、夜道はね、さすがの私も一人で行くのは不安だったのですよ。。

つづく。。。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ダイビングいいねえー!
この曇りでこの透明度は日本ではなかなか無いので、
ハードルが上がってしまったかもしれませんねえ汗。
初ダイブを楽しめたのは本当に良かったね!
2009/02/02(月) 16:59:40 | URL | Kasamatch #-[ 編集]
初ダイビングでこれはかなり貴重だったと思う!
体験ダイビングで45分たっぷり潜れるのは少ないらしいし。
ハードル…あがったかも(笑)
2009/02/03(火) 03:42:09 | URL | nori #-[ 編集]
この透明度の高い綺麗な海は中国には存在しないね!
2009/02/05(木) 17:51:22 | URL | yun #-[ 編集]
中国にはなさそうやなぁ。。
2009/02/05(木) 17:52:16 | URL | nori #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
現在、TOEICのスコアが求められる場面は決して少なくありません。 大学の入学、就職、出世、海外勤務、など様々な場所でTOEICのスコアが求められます。 だからといって、「英語の勉強」をする必要はないのです。 「TOEICで高得点を取る方法」を学べばいいのです。 世の
2009/01/31(土) 12:49:24 | TOEICの裏技
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。