FC2ブログ
2008年ワーホリでカルガリーに滞在♪帰国後はリゾートバイトで日本版ワーホリ体験中♪見たもの感じたことを綴ります★
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンクン in メキシコ ダイビング編
2009年01月31日 (土) | 編集 |
カンクン3日目はあいにく曇り空。この日はコスメル島での初体験ダイビングに挑戦。
早朝起床で、ちゃっかり朝ごはんをたらふく食べて、出発。

約1時間でプラヤデルカルメンに到着。
n1186660451_30292400_7285.jpg
n1186660451_30292401_7469[1]
ここからは約30分の船移動。
n1186660451_30292402_7655[1]

あっという間にコスメル島到着。
まず目に入ったのが、世界で一番小さいハードロックカフェ。
n1186660451_30292403_7846[1]
あとで中に入ってみたけど、衝撃的に小さいわけでもなく、あまり感動なし(笑)
n1186660451_30292407_8620[1]

さて、再び陸路で目指すはチャンカナブ国立公園。
ここでは、海の中でマリア像やキリスト像などが見られるのです。
n1186660451_30292406_8426[1]
遺跡もチラホラ見られます。
n1186660451_30292404_8034[1]
メキシコ内にはこんなに遺跡があるらしい。
n1186660451_30292405_8231[1]

ビーチに着いて、早速着替えてダイビングの説明を受ける。
今回の体験ダイビング、友達と二人で参加して、インストラクターも二人ついてくれました。
一人は日本人、一人はメキシコ人だったけど、海に入ったらどうせ話せないので、何人だろうとヨタヨタした時に手をひいてくれるだけで安心♪
(もちろん説明をスペイン語でされても意味不明なので、説明は日本語で受けられるよう手配しました)

入水直後まで余裕だったのですが、水深5メートルを過ぎたあたりから強烈な恐怖感に襲われ、大丈夫?とサインされたのに対し、必死に顔を横に振っていた小心者の私。
15分後くらいから徐々に慣れはじめ、ようやく周囲を見られるようになりました…。
なので、海の中の記憶は順序バラバラ。何から見たのかサッパリ覚えてません(笑)

透明度の高い海の中には、マリア様が居て、
08[1]
たつのおとしごも5,6回見て、
n1186660451_30292339_7674[1]
キレイな色の魚はそこらじゅうに居て、自分より大きい魚もウジャウジャ居て、洞窟内は暗くて恐怖感満載。
09[1]
そしてそして、念願のキリスト様にご対面。無宗教のくせに、なぜかキリスト像を見たくてしかたがなかった!
5メートルの巨大キリスト像とちゃっかり写真撮影♪
n1186660451_30292381_3978[1]

かなり余裕でダイビングを楽しんでる風な写真に仕上がりました(笑)
ちなみに写真右側が私。

本当はダイビング後スノーケリングで水中の写真をいっぱい撮りたかったけど、45分のダイビング後は身体が冷え切って、しかも若干波が荒かったために軽い船酔い状態だったので、あっさり諦め。
コスメル島での観光を少しして、帰路につきました。

メキシコ滞在、中数日はホテルでのんびり・・・だったのですが、ホテル側からの提案で提携ホテルに2泊だけ移動しました。
部屋はあきらかに小さく、ホテル自体は元のホテルと比べると、かなり残念だったのですが、一応ビーチは目の前、サービスで無料マッサージを受けてご満悦。
出来たら行きたいなーと思っていた、ココボンゴというクラブへのホテル送迎付き小ツアーがあったので行ってまいりました。
これは元のホテルでは催行されてなかったので、ラッキーだった♪なにせ、一人で参加しましたので・・・。スペイン語話せないし、夜道はね、さすがの私も一人で行くのは不安だったのですよ。。

つづく。。。
スポンサーサイト
カンクン in メキシコ 遺跡編
2009年01月27日 (火) | 編集 |
2009年1月11日、カナダ渡航前は予定もしていなかったメキシコに7泊8日の予定で飛び立ちました。
向かったのはカリブ海側のカンクンリゾート。

約5時間のフライトで到着した時はすっかり夕方。
超乾燥地帯のカルガリーから行ったからか、湿度の高さが日本の記憶を呼び起こし、なぜか懐かしい気持ちになりました。

宿泊したのは、カンクンのダウンタウンから南に約30分のリビエラマヤというエリア。
ビーチリゾート以外何もないので、ホテルはどこもオールインクルーシブ制になっていて、宿泊中のアルコール、食事、アクティビティなどなどすべて宿泊料に元から入っているという、お金を気にせずぐうたらするには最高の楽園。
n1186660451_30292425_2327.jpg
n1186660451_30292382_4143[1]

フライト疲れもあり、その日は食べて飲んで、すぐ就寝zzz

翌日。
マヤ文明の遺跡、チチェンイッツィアに行ってきました。
ホテルからまずはカンクンのバスターミナルに移動。
そこから中距離バスに揺られて遺跡を目指すこと数時間。(結構遠い)
n1186660451_30292383_4296[1]

n1186660451_30292384_4458[1]

n1186660451_30292385_4624[1]
日本が畳の上に布団ならば、こちらはハンモックで寝るのが習慣らしく、ハンモックを作っている家が何件もありました。

遺跡近くの休憩所兼おみやげやさんに到着。
n1186660451_30292387_4963[1]
トイレの豆知識。
メキシコの水は石灰質のため、つまりやすいから、紙はトイレ横にあるごみ箱に捨てる。
トイレ清掃スタッフがトイレ内に常駐しているところ多数。そしてチップを入れるかごが設置されている。

このおみやげやさんで、自分の名前をマヤ文字で彫ってくれるシルバーのペンダントトップを購入。

値段交渉が当たり前のメキシコでは、最初に言われた値段で買ってはいけないと聞いていたのに、ペンダントだけは値引きなし。その他は、はじめの値段はメーカー希望小売価格なみにあてにならない(笑)

注文だけして、引き取りは帰路でということで、目指すはチチェンイッツィア!
15分ほどで到着。
n1186660451_30292390_5476[1]
n1186660451_30292389_5307[1]
n1186660451_30292388_5135[1]
n1186660451_30292391_5649[1]
n1186660451_30292392_5825[1]
n1186660451_30292393_6000[1]
n1186660451_30292394_6188[1]
この日はツアーに参加したものの、ガイドはスペイン語か英語。3時間必死にガイドを聞きました。
古代の文明にふれ、壮大な遺跡を見て、大満足。
さすが世界遺産。人が多いこと・・・。ツアー客の流れを見ながら、人影が消える一瞬を狙ってシャッターをパシャパシャ。
ここのつっこみどころは、両替所。USドルとペソの二つの通貨が流通するカンクン内はいたるところに両替所があるけど、ここはすごかった。
20歩程度の距離にある2ヶ所で、1ドルあたり20ペソ、15%くらいの価値の差。20歩の間の違いはいったいなんなんだ・・・メキシコ・・・。

帰りはセノーテへ。
ちなみにセノーテとは、聖なる泉&井戸という意味で、ユカタン半島全体の地下水脈の総称。
泳ぐ気まんまんでもともと服の下に水着着用していたので、さっそくセノーテにダイブ!
n1186660451_30292395_6366[1]
水が冷たい。。この日はメガネでコンタクトつけてない(視力0.03…)。。。足に魚が。。。ってことでいきなりおぼれかけました(笑)

もうすでに3時。遺跡とセノーテめぐりでおなかペコペコ。
休憩所兼おみやげやさんに到着し、出来あがったペンダントをゲット。
P1050497.jpg

なぜか惹かれる古代文字。なんて彫ってあるのかわからなくても惹かれる古代文字。
でも対応表を見ると、ちゃんとNORIになっている!
n1186660451_30292386_4791[1]

そしてお待ちかねの昼食はメキシカン。
がっつきすぎで写真とるの忘れた…。
ので、食事中横で踊ってくれたマヤ人の子供たちの写真。
n1186660451_30292398_6915[1]

帰りのバスは疲労困憊。ガイドのメキシカンの男の子が可愛かった・・・けど睡魔には勝てず爆睡。
翌日のダイビングに備えて、この日もサッサと就寝しましたzzz 

つづく。。。
あけましておめでとうございます
2009年01月02日 (金) | 編集 |
2009年、あけましておめでとうございます。

一年で最も日本が恋しくなるお正月。チャン、チャチャチャララーン♪というお正月独特の音が流れる三が日がとても好きなのです。

久々に日本のテレビを見て、サッカー全国大会に母校が出場していたことに感動。中高の時のサッカー部の顧問してた先生がテレビに映って、知ってる!(当たり前やし・・)と一人でテンションあがった日本時間の年末。
※注 私はサッカー部所属ではありませぬ

少しでもお正月を味わおうと31日は友達と年越しそばを食べ、頑張って夜更かしして、日本時間のカウントダウンしようと思っていたのに、紅白みながら寝てしまった・・・。起きたら駅伝やってる時間・・・。


さて、こちらでのホリデーも昨日で終わり。

カルガリーのイルミネーションは、大阪に比べるとこじんまりした感じで、お店や街並みのデコレーションやパーティーでホリデーを感じる1週間。
仕事先のクリスマスダンスパーティーから始まり、新年はメキシカン達にサルサを教えてもらいながら踊ってあけたホリデー。
それなのに上達をみせない、リズム音痴な私。(泣)ただ普段よりドレスアップする機会が多くて楽しかった♪

2009年元旦、起きたら夕方(*_*; 一年の計は元旦にあり、なのに・・・。
めげずに今年も、まじめに楽しむ一年を目指します♪2月中には帰国予定。帰ったら遊んでやってください。

みなさま、今年もよろしくお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。