FC2ブログ
2008年ワーホリでカルガリーに滞在♪帰国後はリゾートバイトで日本版ワーホリ体験中♪見たもの感じたことを綴ります★
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mike Relm
2008年09月29日 (月) | 編集 |
週末の予定が立て続けにキャンセルになってしまい、久し振りにボケーっと家で過ごしていたので、日曜の夜、仕事後に『なにかの』イベントに行ってきました。

事前に分かっていたのは、17Ave沿いのTequilaで夜10時半に待ち合わせ。それだけ(笑)
当然、時間に遅れてくる同僚とそのお友達。(カナダだから・・・ともう慣れたけど)

IDチェックを済ませて、中に入ってからアルコール片手に時間をつぶしイベント開始を待つ。
で、ようやくわかったイベント内容はDJライヴショー。
サンフランシスコ出身のMIKE RELMという人のライヴ。
まったくもって興味のない分野だったので、当然その人のことも知らないわけで・・・。興味のある人なら知ってる人なのかも不明だけれど・・・。

ようやく始まりそうだーと思った時に、スーツ姿で壇上の機材チェックをしてる、まさに日本のサラリーマンみたいな人を発見。
日本人エンジニアの人(勝手に日本人と決め付け)、こんなとこでもスーツ着て仕事してるのかと思ってたら、その人がMIKE RELMという人でした。

始まったものの・・・わからん・・・どういうあたりがすごいテクニックなのかとか全くわからないものだから、OHHHHってお客さんが叫ぶのがわからない・・・。



この動画と同じ内容だったけど、違うのは客数。カルガリーだし、日曜の夜だし、当然といえば当然。
でも、なんとなく外に出かけたい気分だったので、ほどよく楽しめました♪
スポンサーサイト
ロッキー/コロンビアアイスフィールド編
2008年09月16日 (火) | 編集 |
先週末、中学の頃からの友人がカルガリーに遊びに来てくれたので、再びロッキーに行ってまいりました。
到着した日は雨に降られ、先行き不安だったものの、翌日からは快晴でとっても良い旅行日和。

今回は、少し足をのばして、コロンビアアイスフィールドという大氷原までの往復1泊2日の旅。

レンタカーを借りていざ出発。ペーパーの私は完全にナビゲーターとして助手席に。
やはり海外の運転になれるのには時間が必要のようで、早々に逆車線に突入したり、ウィンカーの代わりにワイパーが動く(笑)

運転にも慣れてきた頃にキャンモアに到着。
P1030755.jpg

バンフ国立公園に入るパスを購入する際少しまごついただけで、「ニホンジンデスカ?バンフニナンパクシマスカ?」とすかさず聞かれた・・・。さすが日本人の街バンフ・・・切符販売のカナディアンまでもが日本語を話すとは・・・。

その後順調にドライブし、モレーンレイクに到着。
寒すぎず暑すぎず、快晴で申し分ない天気の中、いつにもまして美しい!(^^)!
P1030797.jpg
結婚式?をしているカップルに遭遇。このカップルは湖めぐりをしているのか、このあとレイクルイーズでも再会した(笑)
P1030798.jpg

続いてレイクルイーズ。なんだかその日は湖より、その上にあるビクトリア氷河にみとれてしまった。
P1030821.jpg

宿泊先のバンフに向かうべく、カルガリー方面に逆戻り。
今回宿泊したのは、バンフのダウンタウン内にあるYWCAで、2ベッドルームの個室。
ドミトリーと違い、貴重品の管理に気を使わずゆっくりできるし、タオル類もあってビジネスホテル並み。
バンフの街案内を終えた後は、メキシカン料理とワインを満喫♪
前日にカルガリーで夜更かしした私たちは爆睡・・・そして朝もゆっくり起床(寝坊)。
にもかかわらず、アルバータで採れた小麦を使っているパンを食べられるオーガニックカフェで更にのんびり朝食をとるマイペースな私たち(笑)
のんびりゆっくりするのが旅の醍醐味だと、正当化し、気づけばチェックアウトしてから約1時間経過(笑)
P1030912.jpg
クロワッサンが美味しかった♪
P1030914.jpg

さて、ようやくバンフを出発し、目指すはコロンビア大氷原。
キャッスルマウンテンを通過し、
P1030921.jpg

レイクルイーズを超えて、クロウフット氷河へ。
3本足の氷河がカラスの足のようだと名付けられたが、今は2本足になってしまったらしい。
P1030940.jpg

続いてボーレイク。風が一瞬とまって、湖面に山がきれいにうつったところを観れました♪
P1030964.jpg

ボーレイクから近いペイトレイクへ移動。
ボウ川とミスタヤ川の分水嶺にあたる標高2069mのボウ峠の駐車場からボウサミットまで山道を登ると、眼下に見えるコバルトブルーの湖。
実はカナダに来る前に住んでいたところがペイトレイクという名前の建物だったので、密かに来たいと思っていた湖。
住んでいた頃は名前の由来に興味もなかったのに、カナダに来てペイトレイクを知った後は運命だ!と興奮してしまった単純な私・・・。
P1040017.jpg

そのままコロンビア大氷原に向かおうと思ったら、waterfowl lakeという表示につられ水鳥湖に寄り道。
気ままに寄り道できるのが個人旅行の良いところ♪とまたしてもマイペースに動く。
他の湖と違い、誰も居ないプライベートレイク。静かな湖のほとりにベンチがあって、しばし(再び)くつろぐ。
一日読書していたいと思える湖は?と聞かれたら、きっとこの湖。ただし一人は危険なので要付添人。
P1040112.jpg
P1040080.jpg
P1040121.jpg

いい加減動かないと・・・とようやく向かったコロンビア大氷原。
現地で雪上車ツアーに参加し、氷河に向かう。
P1040206.jpg
P1040170.jpg
青く光る氷河の溶け水。
P1040203.jpg
実は運転営業時間ギリギリの到着だったらしく、戻ったらおみやげやさんなど続々閉店していた。
良かった・・・間に合って・・・。ここまで来て営業時間終了で乗れないのはさみしすぎる・・・。

帰りは疲労困憊、眠さ全開の中、ノンストップでカルガリーに向かうこと約500キロ。
P1040227.jpg
なんと!
帰り道で小熊に遭遇!シカとかは見たことあったけど、小熊に出会えるとは!
写真をうまく撮れなくて残念・・・。10倍ズームのカメラが欲しい・・・。

移動距離が長くて確かに疲れたけれど、天気にも恵まれて本当に楽しい小旅行でした。
これでオーロラまで見えたら、運使いすぎて死ぬかもと二人して怖くなったほど最高の思い出。
(オーロラはさすがに見られませんでした)
今度レンタカーで旅行する時は私も交代できるよう、日本に帰ったらペーパードライバー教習に行こうと思います。
さすがに500キロ走行の後は疲れで、見えている信号をスルーし、目の前を歩いている人をひきかけ、またまたワイパーが動き、ちょっと怖かった(^_^;)
私がペーパードライバーだったばっかりに・・・ごめんよ・・・(*_*;

ちなみに私のおすすめ湖inロッキー ベスト3★
1、モレーンレイク
2、ペイトレイク
3、ウォーターフォールレイク(水鳥湖)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。